肩こりケアとがん患者さんのこころとからだケア専門の出張アロママッサージ

アロマデュフューザー

アロマデュフューザー

このブログ。
ほとんどアロマについての投稿がありません。
アロマセラピストなのに。。。

なのでたまにはアロマに関する投稿をひとつ。

わたし自身肌が弱いということもあり、市販のクリームとかあまり使いません。
あと香料の強いものも苦手。

そこでアロマを使ったローションやクリーム、ヘアケア用品等
ネットなどで調べてよく手作りしています。
中身が分かっていると安心だし、なるべく自然素材のものを使いたい。
(その割にはジャンクフードが大好きだったりするこの矛盾。。。)

最近はトトラボ 植物療法の学校の代表で、薬学博士でもある村上志緒さんの
ワークショップに月イチで参加したりして、色々作ってます。
今月作った和ハッカのバームは、ちょっとかゆいところに塗ると、あら不思議。
かゆみがすーっと引いていく優れもの。

和ハッカは、消化器系の不調や頭痛などに効果があるほか
湿疹、あせも、虫刺されにもよい。

なるほど。
なのでかゆみがすーっと引いていくんですね。


で最近。セラピスト仲間とアロマデュフューザーの話になり。
よく雑貨屋さんなどで、ビンの中に液体が入っていて細い棒が何本も
刺さっていて香りを拡散させるやつ。
ありますよね。
これが手作りできると聞き、さっそくおうちに帰ってからネットで検索。
いやはや。たくさんの手作りレシピが出てきました。
材料は、アルコールとグリセリンと精油。あとは容器のビンと棒。
おうちにあるもので作れるな。

というわけで作ってみました。
最初なのでごくごく少量で。

画像の説明
こんな感じ。

ビンは洋酒が入ってた小さいのがあったのでそれを活用。
棒はふつうの竹串。
使った精油は、オレンジ、マンダリン、レモン、ペパーミント、青森ひば。
夏なのでさわやかな香りをチョイス。

うーん。いいんじゃないでしょうか。
香りも見た目もなんかそれっぽい。
強く香るわけではなく、ほのかにふわっと香る感じ。
精油も最初に香るトップノート系を多く使ったので
それも良かったのかも。

精油ならたくさんあるし、季節や気分に合わせて色々ブレンドを変えて楽しめそうです。

コメント

  • 素敵♪

    ディフューザー手作りできちゃうんですね〜!自分好みに香りの強弱も調節できそうでいいですね!私もトライしてみます☆


  • Re: 素敵♪

    >>Hirokoさん

    そうなんですよ。
    作り方調べるといろいろ出てくるので、ぜひお試しあれ!
    みんないろいろ研究してスゴイ!ですな。



認証コード5279

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional