肩こりケアとがん患者さんのこころとからだケア専門の出張アロママッサージ

ちっちゃく豆まき

ちっちゃく豆まき

今日は節分。

小さいころは、夜父が帰ってくると雨戸も全部開けて
ご近所中に響き渡るような大きな声で「鬼は外!福は内!」と叫んで
思い切り豆をまいたものです。

東京でひとり暮らしを始めてから、最初のうちはひとりでも
「鬼は外!福は内!」とやっていたのですが、ここ最近はすっかり
ごぶさたしていました。
というか、いつも豆を購入するタイミングを逃して、結局節分が
終わってしまっていた。。。という感じ。

今年は久しぶりに豆まきをしようと思っていたのに、またもや豆を購入する
タイミングを逃していて、夜仕事が終わってから慌てて近所のお店へ。
でも1軒目ではすでに売り切れ。
ひゃー!これではいつもの二の舞になってしまう。

でも何とか2軒目のお店で購入できました。

で、これがその豆。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
画像の説明




最初はファミリー用なのか、鬼のお面のついた大きな袋しかなくて
さすがにこれは大きすぎるなぁ。。。と、あきらめかけていたら
節分セットなるものがレジ前に。
しかも最後の1袋。

中身は、ちっちゃい鬼のお面と豆、それとなぜかでんでん太鼓???のセット。
画像の説明



お値段を見てびっくり。

100円でした。




というわけで、先ほど無事今年の豆まきをすることができました。

でもさすがに大きな声を出すのは憚られ、しかも後片付けをするのも自分なので
ちっちゃな声でちっちゃく豆まきをしたのでした。

あ。でも、外には勢いよくまきました。
明日スズメちゃんたちのごはんになることでしょう。

これで改めて前年の邪気を祓って、新しい年、春を迎えることが
できそうです。

コメント

  • うちも、そうだったな

     私の家も、昔は雨戸をあけると庭があったので、家族で声を出して豆まきをしたものです。 大人になってからは、さすがに恥ずかしくてささやくような声になってしまいましたが、それでも一人でやっています。



認証コード7133

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional